推奨☆少年野球向け優良バッティング教材

“数あるバッティング教材でお勧めできるのは、

わずかに2つだけ、です”

 

私が少年野球塾のモニター生になったきっかけが、

少年野球塾さんのバッティング教材、

「キッズベースボールドリームナビ

-現役少年野球監督が教える驚きのバッティング術-」

でした。

 

このマニュアルのおかげで、私も毎年自信を持って子どもたちに、

バッティング指導ができるようになり、

「S市のミサイル打線チーム」

とまで、毎年のように言っていただける強打チームが、

存続できています。

 

このマニュアルは、数ある元プロ野球選手のバッティングマニュアルや、

DVD教材とは、一線を画すものです。

 

星の数ほどあるバッティング理論をヒモ説いているのではなく、

運動物理学上、バットでボールを捕える上でのバッティングの、

「原理」を3つの観点から、わかりやすく解説しています。

 

「原理」とは不変であって、バッティングを行う上で絶対的に、

必要不可欠な動作(モーション)を指しています。

 

たとえばその一つが「タイミングを取るモーション」です。

どんなに優れたバッターでも、投球されるボールに対して、

タイミングが合わなければ、ボールを捕えることは絶対に出来ません。

 

極端な話をすれば、ピッチャーの投球と同時にバットを振ったり、

あるいは、投球ボールがキャッチャーミットに治まってから、

スイングしても、

「バットがボールインパクトすることはあり得ない」

と言う当たり前の話です。

 

ボールをバットの当てるためには、ジャストタイミングで、

バットスイングを、スタートさせなければなりません。

そのためには、ピッチャー先行で投球されるボールに対して、

バッター側があらかじめ、一つのモーション(動作)を準備する

必要があります。

 

そうすることで限りなく、ジャストタイミングでボールを

捕えることが、可能になります。

 

このモーションは少年野球に限らず、中学生でも高校生でも、

またプロ野球選手でも必須なモーションであり、実際日本の

プロ野球選手でも採用している選手が多く、むしろ採用していない、

選手で3割を打っているバッターはほとんど見かけません。

 

たとえば毎年打率トップ10位までのバッターの7~8割の選手が

(年によっては9割のケースもありました)

採用しているモーションなのです。

 

※3割バッターで例外的なのは、上半身のパワーでヒッティングする、

外国人選手にこのモーションが見られないからです。

 

ちなみに甲子園出場校の高校球児も、年々採用している選手が増え、

このバッティングモーションが「不変な原理」であると言うことが、

わかります。

 

そういった3つの必須モーションを野球少年にもわかりやすく、

そして、具体的な練習方法を丁重に解説されているのが、

少年野球塾さんのバッティングマニュアルなんですね。

 

うちのチームでも、私が少年野球塾さんのモニター生になって、

この3つのモーションを、冬季練習で子どもたちに

指導するようになって早8年になります。

 

そのおかげで、うちのチームは毎年のように県大会まで

勝ち上がり、

平均打率で3割を切った年は2回しかありませんし、

子どもの中には、4割あるいは5割バッターも何人も、

輩出しています。

 

もちろんこの打率は、変化球のない小学生野球だから、

と言えますが、

とは言っても、5割バッターなんてそうざらにいるものでは

ありません。

 

私が推奨できる一番のバッティング教材は、この教材しかありません。

 「キッズベースボールドリームナビ

-現役少年野球監督が教える驚きのバッティング術-」

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

元プロ野球選手のバッティング教材も、数多く出回っています。

私も数点の教材DVDを拝見しましたが、やはり元プロ野球選手

だけあって、卓越した「バッティング理論」であることは、確かです。

 

しかし、ここで一つの問題があります。

元プロ野球選手の理論が、どこまで小学生(あるいは中学生)

クラスに通用するか?正しく教え込むことができるか?

と言う点です。

 

もう一点が、高度な野球テクニック論が解説されたもので、

それが果たして小中学生に必要なテクニックか?

と言うことです。

 

たとえば某教材の一部には、インパクト時にボールにドライブ回転

をかけることで強く速い打球が生まれる、とありました。

 

これが果たして「小学生に出来る芸当か」と言うことと、

理屈はわかった、しかしそれをどうやって小学生に“具体的に”

コーチングができるか、と言うことです。

 

それをしっかり教えてくれる教材もありましたが、中には

「バッティング理論の解説とその応用方法」だけが延々と続いた、

大変理解しがたい教材もありました。

 

何十年もバッティングに携わった私でさえ、そんな感じでしたから、

それほど野球経験のない方には、ちょっとお勧めできない教材です。

 

そんな中で、唯一小学生高学年から中学生向けで、ある程度

バッティングレベルが維持されている野球少年にお勧めできるのが、

愛甲猛氏のバッティング教材です。

愛甲猛の短期間野球バッティング上達指導法

 

この教材は、高度な野球理論教材ではなく、

上述のキッズベースボールバッティングマニュアル同様、

単なる技術論ではなく、「不変のバッティング原理」を、

わかりやすく解説しており、たとえばバッターボックスでの、

ジッと固まった構えの弊害を説き、サイレント・ピリオド(筋肉休止期)

の大切さを、具体的な方法とともに指導しています。

 

唯一、愛甲氏のダウンスイング論は誤解を招きがちですが、

よく解説を聞けば、これは古いバッティング理論の、

「ダウンスイング論」とは違います。

 

と言うことで、私が元プロ野球選手のバッティング教材で、

唯一お勧めできるのはこの愛甲猛氏のDVD教材です。

愛甲猛の短期間野球バッティング上達指導法

 

なおこちらの教材は、キッズベースボールドリームナビの。

少年野球塾さんの推奨教材でもあり、このDVDの申し込みで、

「キッズベースボールドリームナビ

-現役少年野球監督が教える驚きのバッティング術-」

が特別特典教材として無償進呈されます。

申し込みぺージに「少年野球塾特典」として、同教材が

付属されていることをご確認ください。

———————————————-

少年野球の指導法や、バッティングなどの教え方と、
練習法がわかるブログ…「伊能優介の、少年野球日誌」

サブコンテンツ

少年野球,BaseballPark



少年野球指導法,練習法,バッティングの教え方


少年野球の指導方法や練習方法は、たとえば高校野球などに比べたら
とてもやさしいように思われがちですが…じつは大変難しいものです。

なぜなら少年野球の子どもたちは、文字通り

「真っ白なキャンバス」 だからです。


中学野球以上の、野球経験のある野球少年ならまだしも
小学生である彼らは、野球については見事に何も知らないのです。

少年野球のバッティングの教え方,指導法ブログ

たとえば… バッティングの、バの字も知らない少年に、

どうすればバッティングについて、正しい指導ができるのか?

それが、指導者である我われのもっとも苦労する点です。


私が初めて、少年野球チームのコーチとして、
少年野球に たずさわった時 「たかが子どもの野球」と、

とんでもない思い違い…
つまり、タカをくくってしまいましたが
これが大変な間違いであることを、やがて知らされたのです。


それから、私の少年野球指導者の修行の道が始まりました。



少年野球指導法,バッティングの教え方,練習法ブログ

このページの先頭へ