今こそ野球少年に“4つバッティングモーション”をマスターさせて5割バッターに!

おかげさまで当ブログ「少年野球日誌」は、
この春で8年目に突入致しました。

長きにわたって記事を更新して来られたのも、
ひとえに読者様の熱いエールがあったこそと、
心から感謝と感激している次第です。

ありがとうございます。

これからも今の野球少年たちにとって、
「正しいテクニック指導法」とは何か?

何より大切なこのテーマを念頭において、
記事を書き綴ってゆく所存ですので、
何とぞよろしくお願い致します。

あなたにとって大切な野球少年の育成の、
一助としていただければ望外の幸せです。

      伊能 優介


本日の記事は、
「伊能優介のベースボールセミナーメール」のご紹介です。

私が2年に渡って配信させていただいている…

「9回限定:伊能 優介ベースボールセミナー
野球少年バッティング力アップ☆4つの秘策☆」 

こちらもおかげさまで、先月末で4650名もの登録者数となり、
間もなく5000名を突破する勢いです。

配信完了後にはお礼のメールもたくさん届いており、

「ヒットがほとんど打てなかったうちの子が、
3割を打てるようになり今年から3番バッターになりました」

「なかなかチャンスで打てないうちのチームでしたが、
おかげさまでヒットを量産できる打線になりました」

と言ったメールをいただくと、

(苦労してセミナーメールの原稿を作成した甲斐があった!!)
と一人悦に入っている次第です(笑)

こちらはステップメールと言う自動配信システムを利用して、
ご登録いただいたあなたのアドレスに、

9回限定でベースボールセミナーメールと題し、
毎晩19:00にお届けしています。

野球少年のバッティング力向上のための、

「もっとも大切な4つバッティングモーション」

をわかりやすく解説しています。

星の数ほどあるバッティング理論などではない、
不変のバッティング原理を知ることで、

投球されたボールを高い確率でバットで捉え、
強い打球=ヒットを打つための方法を、
あなたも理解できるはずです。

    少年野球のバッティング練習法とは

野球少年たちに「4つのモーション」を、
正しくマスターさせれば、

変化球のない小学生野球であれば、
5割バッターが何人も出現するはずです。

ちなみにうちのチームでは昨年、
5割バッターと4割バッターが2人ずつ、

チーム打率は3割7分近いアベレージ※を残せています。
※公式戦及び練習試合の全試合数66試合

野球セミナーメールを読み終えた10日目には、
野球少年の指導法も変わるかも知れません。

ぜひこの機会にあなたも、
野球少年のバッティング力向上のための、

「もっとも大切な4つバッティングモーション」

をご理解いただき、
未来ある野球少年のバッティング指導に、
取り入れてみてください。

もちろんセミナーメールは無料です。

以下の記事を熟読いただいて注意点を読んだら、
メール登録を完了させてください。

メール登録後の翌日の晩からセミナーメールは。
毎晩届きます。

「9回限定:伊能 優介ベースボールセミナー
野球少年バッティング力アップ☆4つの秘策☆」 

野球少年のバッティングレベルアップの一助になれば、
幸いです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日もお読みいただきありがとうございました。
ぜひ少年野球ブログランキングへの、
応援クリックを2つお願いします。

あなたの熱い声援が、明日の記事更新のパワーの、
源になります!

  にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ       少年野球の指導法教え方
にほんブログ村   少年野球人気ブログランキング

3 Responses to “今こそ野球少年に“4つバッティングモーション”をマスターさせて5割バッターに!”

  1. rin より:

    すごく勉強になります。

  2. KAZU より:

    少年野球のコーチをしています。指導方法に共感できました。是非 メール お待ちしております。

  3. わたなべ より:

    なかなか結果が出せない息子のために、是非取り入れてみたいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

少年野球,BaseballPark



少年野球指導法,練習法,バッティングの教え方


少年野球の指導方法や練習方法は、たとえば高校野球などに比べたら
とてもやさしいように思われがちですが…じつは大変難しいものです。

なぜなら少年野球の子どもたちは、文字通り

「真っ白なキャンバス」 だからです。


中学野球以上の、野球経験のある野球少年ならまだしも
小学生である彼らは、野球については見事に何も知らないのです。

少年野球のバッティングの教え方,指導法ブログ

たとえば… バッティングの、バの字も知らない少年に、

どうすればバッティングについて、正しい指導ができるのか?

それが、指導者である我われのもっとも苦労する点です。


私が初めて、少年野球チームのコーチとして、
少年野球に たずさわった時 「たかが子どもの野球」と、

とんでもない思い違い…
つまり、タカをくくってしまいましたが
これが大変な間違いであることを、やがて知らされたのです。


それから、私の少年野球指導者の修行の道が始まりました。



少年野球指導法,バッティングの教え方,練習法ブログ

このページの先頭へ