優良少年野球バッティング教材“7日間スラッガー養成プロジェクト”の体験レビュー

久しぶりに野球教材のレビューをお伝えいたします。
数ある教材でもダントツに評価の高い、
「7日間スラッガー養成プロジェクト」

こちらの体験メールを数通もらっていますが、
今回は参考になるメールを3通ご紹介致します。

7日間スラッガー養成プロジェクトは、
元西武ライオンズの大塚光二氏と垣内哲也氏のお二人が、

野球少年のために制作したバッティング教材ですが、
私の体験談と教材の内容については、
こちらのレビュー記事をお読みください。

野球7日間スラッガー養成プロジェクトの効果とDVD内容レビュー

野球バッティング教材7日間スラッガー養成プロジェクト

では3人の体験メールを抜粋してお伝えします。

7つの悪癖を克服した野球少年は3割近い打率に。


「こんにちは。いつもブログを参考に子供と一緒にがんばっています。

〇〇と言いますが私は野球経験がほとんどないにもかかわらず、

子供の所属した少年野球チームでコーチをやっています。
とは言ってもほとんど球拾いコーチですが(笑)

~中略~

うちの子供は今年5年生になったのですが、
8番レフトで守備はまあまあですがやはりバッティングがダメでした!

春先の練習試合でもボテボテの内野ゴロかポップフライが多く、
12試合で打率は2割ちょっと!

そこで4月の開幕のちょっと前に伊能さんのブログで推奨されていた、
7日間スラッガー養成プロジェクトのDVDを購入しました。

~中略~

DVDにあったバッティング7つの悪癖のほとんどが当てはまりました。
それをDVDでアドバイスしていた通り一つづつチェックして改善。

伊能さんが言っていたように7日間でとは行きませんが、
1か月したらまず打球が速くなり、
ボテボテも少なくなって内野を抜けるヒットが多くなりました。

大きいのはせいぜいツーベースくらいですが開幕公式戦3試合と、
リーグ戦4試合で打率が3割近くまで上がってくれました!

DVDの通りに素振りを繰り返してからバットスイングが、
見違えるように良くなって子供も自信がついたようです。

すばらしいDVD教材を教えていただき感謝します。
これからもブログ愛読させていただきます。まずはお礼まで。 」

チーム打率・得点がアップして次は県大会出場が目標


「〇〇県在住で少年野球の監督をしています〇〇と申します。

いつもブログを読ませていただいています。

貴重なバッティング理論を惜しげもなく書いていただき、
大変勉強になっています、ありがとうございます。

うちのチームは強くもなく弱くもなく?市内大会では、
時々優勝することもありますが万年そこどまりです。

ピッチャーは毎年それなりに良いピッチャーが育成できていますが、
バッティングが今一でチーム打率は2割そこそこが悩みのタネでした。

伊能さんのバッティングセミナーを読ませていただき、
その後キッズベースボールドリームナビで打力アップさせるか、

もう1つオススメしていた7日間スラッガー養成プロジェクトにするか、
悩みました。

しばらくはセミナー通りのスイング軌道修正や、
シンクロ打法でタイミングを取らせる練習を繰り返し、

4人ほど打力が確実にアップしましたが残りの11名(全員6年生です)
相変わらずのバッティングでしたので、

思い切って自腹を切って7日間スラッガー養成プロジェクトを、
申し込んでみました。

先に結果を話しますと残り11名のほとんどが、
打力アップできています。

正直この結果には驚いています。
と言うのもバッティングがまったくダメな子が2人いたのですが、

この2人も先日の試合で複数安打を打ちました。
親御さんともども大喜びです。

~中略~

この春先から7日間スラッガー養成プロジェクトの練習法を、
全員共通練習に取り入れました。

付属のチェックシートを全員分コピーして渡して、
細かくスイング練習など行ってきました。

特に体重移動のチェックはこちらも教えやすく、
子供達も面白いように練習に取り組んでいました。

僕としては第一章の飛ばすスイングと三章のスイング強化が、
子供達のバッティング力をアップさせてくれたと思っています。

お陰様で春の大会では見事優勝できましたが、
その上の地区大会では惜しくも県大会出場を逃がしてしまいました。

特筆すべきは大会試合の平均得点です。
昨年は3.6点でしたが今年はこれまでなんと5.9点です。

これから夏に向けて3~5学年の子供達にもこの練習法を取り入れ、
来年は県大会出場を目指します。   」

打球・飛距離がグンとアップして8番から4番バッターへ


「先日はアドバイスありがとうございました。

息子といっしょになって7日間スラッガー養成プロジェクトで、
1ヶ月間練習しました。

感想:期待以上の効果でした。
特に飛距離アップはすごい!平均55~56m⇒68~70に!

今までの外野フライが外野の頭を超す飛距離です。
芯に当たればですがww

スイングスピードが速くなったことはひと目でわかった。
内野を抜ける打球が多くなった。

実績:練習する前の春季大会はサード6番でしたが、
結果は散々で次の練習試合では7番に降格。

でもGWに行われた三市大会では4試合で12打数8安打で、
今度の夏の大会では監督から3番か4番と言われた。

飛距離がアップした理由は今までできていなかった体重移動が、
スムースにできてボールインパクトのパワーが増した。

これからもいっしょに息子と頑張ります。
教材情報とアドバイスありがとうございました。  」

DVD教材の詳しい内容やレビュー記事はこちらです。

◆野球7日間スラッガー養成プロジェクトの効果とDVD内容レビュー

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日もお読みいただきありがとうございました。
ぜひ少年野球ブログランキングへの、
応援クリックを2つお願いします。

あなたの熱い声援が、明日の記事更新のパワーの、
源になります!

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ       少年野球の指導法教え方
にほんブログ村   少年野球人気ブログランキング

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【バッティング関連記事】

◆バッティングのスイング(ヘッド)スピードをアップさせるために注意すべきこと
◆野球少年の“あおり打ち”を生み出す悪しきバッティング練習って?
◆バッティングが消極的な野球少年に教えたいこと!見逃し三振はやはりNG

「伊能優介ベースボールセミナー」

回数限定のメルマガ購読申し込み方法は、
こちらの記事からどうぞ。

「伊能 優介ベースボールセミナー:
野球少年バッティング力アップ☆4つの秘策☆」

「伊能優介ベースボールセミナー☆
ピッチャー育成術☆野手にも必要な正しい投げ方5つのメソッド」


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

少年野球,BaseballPark



少年野球指導法,練習法,バッティングの教え方


少年野球の指導方法や練習方法は、たとえば高校野球などに比べたら
とてもやさしいように思われがちですが…じつは大変難しいものです。

なぜなら少年野球の子どもたちは、文字通り

「真っ白なキャンバス」 だからです。


中学野球以上の、野球経験のある野球少年ならまだしも
小学生である彼らは、野球については見事に何も知らないのです。

少年野球のバッティングの教え方,指導法ブログ

たとえば… バッティングの、バの字も知らない少年に、

どうすればバッティングについて、正しい指導ができるのか?

それが、指導者である我われのもっとも苦労する点です。


私が初めて、少年野球チームのコーチとして、
少年野球に たずさわった時 「たかが子どもの野球」と、

とんでもない思い違い…
つまり、タカをくくってしまいましたが
これが大変な間違いであることを、やがて知らされたのです。


それから、私の少年野球指導者の修行の道が始まりました。



少年野球指導法,バッティングの教え方,練習法ブログ

このページの先頭へ