正しく投球腕が使われている野球少年はわずか30%?

梅雨まっただ中ですが本日夏季大会が、
始まりました。

おかげ様で1回戦をコールド突破して、
明日が2、3回戦で、

これを勝ち抜けば来週準々決勝・準決勝・決勝と、
駒を進められます。

夏は県大会までですがうちの野球小僧たちも、
「今年こそ夏の県大会優勝!!」

これを合言葉に大汗かいて、
今日の試合もがんばっていました。

あ、みなさんも熱中症対策くれぐれも忘れずに!!


さて話は変わって…

先週より配信を開始した、
「ピッチャー育成術☆野手にも必要な、
正​しい投げ方5つのメソッドセミナーメール」

これが何とたった1週間で登録者さんが、
300人を超しています!!

えっ!?だからどうした?

…い、いえ、予想外の登録数の多さに、
配信してる私自身慌てふためいているって話です(笑)

バッティングのセミナーメールも、
おかげ様で2500名以上の登録がありましたが、

それも2年近くかかってのことですから、
今回のセミナー登録の反響がわかるというもの…

「こりゃぁ下手な投球解説は出来ないぞっ!」

と昨日急きょ飲み会をドタキャンして、
セミナーメールの原稿を読み返して、

解説イラストや写真を増やしながら、
よりわかりやすい「正しい投球法」に、
手直ししました。

セミナーメール配信ご希望の人は、
こちらからご登録ください。

伊能優介ベースボールセミナー☆ピッチャー育成術☆
野手にも必要な正しい投げ方5つのメソッド

少年野球ピッチャー育成セミナーメール登録バナー


とまぁ、
今回「正しい投げ方教室」的なセミナーを、
始めたわけですが、

本日夏季大会で改めて各チームのキャッチボールや、
ピッチャーたちの投球練習を見て回りましたが、

私見ですが、
ネイチャーズジャイロボーラー※や、

正しく投球腕が使われている野球少年の割合は、
3~40%と言ったところでしょうか?
(良くて半分いるかな?と言った感じです)

※ネイチャーズジャイロボーラー
生まれながらにボールをより速く、より遠くへ、
正確に投げるための運動回路が身体能力として、
すでに刷り込まれている人(子供)

正しい投げ方ができるか?

 

ジャイロボーラーは30%

手塚一志氏「ピッチングの正体」よりお借りしました

正しい投球フォーム

もちろん見て回ったと言っても、
100名程度の野球少年(少女)たちですから、
断言はできませんが…

いずれにしても、

たとえ今は正しく投球ができていない子供でも、
「刷り込み直し」は十分に可能なんです。

そのためにも指導者や親御さんが、
「星の数ほどある投球理論ではなく、
“不変な投球原理”を知ること(提唱者手塚一志氏)」

これが先決です。

僭越ながらその概略だけでも私のセミナーメールで、
学んでいただければと願っています。

甲子園をめざすような野球少年に育ってほしい、
あわよくばプロのドラフト候補になってほしい、

そして、
契約金3億円でプロ入りしたら最高~~!!(笑)

ま、これは冗談ですがそんな願いも、
「正しい投球原理」が身についていないことには、
夢物語で終わってしまいかねません。

どうも投げ方がぎこちない、遠投力がない、
コントロールが悪い、球速が上がらない、
あるいは野球肘になってしまった、

そんな悩みや経験がある人はセミナーメールを、
ご精読してみてください。

もちろん無料配信ですよ。


伊能優介ベースボールセミナー☆ピッチャー育成術☆
野手にも必要な正しい投げ方5つのメソッド

少年野球ピッチャー育成セミナーメール登録バナー


◆早くも始まりました^^

少年野球塾から夏季キャンペーンのお知らせ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日もお読みいただきありがとうございました。
ぜひ少年野球ブログランキングへの、
応援クリックを2つお願いします。

あなたの熱い声援が、明日の記事更新のパワーの、
源になります!

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ        少年野球の指導法教え方
にほんブログ村     少年野球人気ブログランキング


スポンサードリンク 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

少年野球,BaseballPark



少年野球指導法,練習法,バッティングの教え方


少年野球の指導方法や練習方法は、たとえば高校野球などに比べたら
とてもやさしいように思われがちですが…じつは大変難しいものです。

なぜなら少年野球の子どもたちは、文字通り

「真っ白なキャンバス」 だからです。


中学野球以上の、野球経験のある野球少年ならまだしも
小学生である彼らは、野球については見事に何も知らないのです。

少年野球のバッティングの教え方,指導法ブログ

たとえば… バッティングの、バの字も知らない少年に、

どうすればバッティングについて、正しい指導ができるのか?

それが、指導者である我われのもっとも苦労する点です。


私が初めて、少年野球チームのコーチとして、
少年野球に たずさわった時 「たかが子どもの野球」と、

とんでもない思い違い…
つまり、タカをくくってしまいましたが
これが大変な間違いであることを、やがて知らされたのです。


それから、私の少年野球指導者の修行の道が始まりました。



少年野球指導法,バッティングの教え方,練習法ブログ

このページの先頭へ