イップス野球少年Kくん、その後

金属バットの素振りで、マンションエントランスの数十万する、

大きな一枚ガラスを割ってしまったKくんは、その後、

「バットを思いっきり振り抜くことが出来ない」

と言うメンタル的なダメージを受け、イップスに陥ったのです。

 

数日間かけ、あらゆる書籍やサイトで私が出した答えを持って、

私は翌日曜日の練習終了後、Kくんと向き合いました。

 

多くの解決策はノートに書き溜めましたが、それを繰り返し読むうちに、

私自身少し難しく考えていることに、気がつきました。

 

そこで私は、一度Kくんに話すべきことをすべてリセットして、

「真実の言葉は単純である」と言う格言を胸に刻み、まず私は、

「イップス」についてわかりやすく話してあげて、Kくん自身が

「イップスであることを素直に伝えたのです。

Kくんにもそれを、認めてもらいました。

 

もちろん、イップス自体が悪いと言うことではなく、Kくんに何の非も

ないこと笑いながら話しました。

ただ、運が悪かったことと、イップスになったことは野球の神様が

与えてくれた試練だと話したのです。

 

その試練を乗り越える条件は、野球が好きだと言う気持ちを持ち続けること。

そして、思いっきりバットを振れなくてもいいから、仲間と楽しみながら

野球を、バッティング練習をやろう、と言う2点でした。

 

この2つを忘れなければ、イップスはいつか知らない間に治っているから、

そうKくんに、ゆっくり、言葉を選びつつ、諭したのです。

最後はKくんも笑顔になって、頭を下げて帰って行きました。

 

その経緯をご両親にも報告して、時間の経過を焦らず待ちましょう、と

お話しました。

 

万一それでもKくんのイップスが治らない時は、その時こそ専門医に、

相談しましょうともお伝えしました。

 

野球の場合のイップスとは、相手に申し訳ない、誰かに(チームメイト)

に迷惑がかかる、という心理的なプレッシャーから引き起こされることが

多いようです。

 

Kくんの場合も思い返せば、彼のガラス割り事件がチームメイトに知られ、

私やコーチから厳重に、素振りのTPOを注意したことで、

チームメイトにも迷惑をかけた、と言う心理も働いていたようです。

 

それからしばらく、私や多くのコーチがKくんのバッティング練習を、

見守り続けました。

3週目のバッティング練習では、フルスイングではなくても、Kくんの

バットから少しずつ快音も聞かれ出したのです。

 

そしてKくんのイップスが出始めてから約2か月半後の、10月下旬の

近隣大会でのことです。

2-6で敗戦濃厚な6回裏、ワンアウト2・3塁の場面で、Kくんの打順が

回ってきました。

 

サインを見ようとKくんはネクストサークルで、私を振り返りましたが、

私は「ノーサインだよ」と笑顔で声を掛け、打席に向かわせました。

 

仲間の声援を背に受けて、Kくんのバットは2-2から思いっきり

振り抜かれ、打球は春先の頃のような鋭い当たりとなって、

右中間を高々と破るホームランとなったのです。

………………

その後のKくんですが、まだイップスと闘っています。

場面場面で、フルスイングできる時とできない時があるようです。

 

それでもKくんは、野球の神さまが与えた試練を、きっと克服するはずです。

彼の無類の、野球好きの心がある限り…

 

PS、本日の3市合同大会で、Kくんは4打数2安打4打点と、

大活躍してくれました。

試合前に、仲間と侍ジャパンの話を夢中になって話していたKくん、

彼のイップスは完治間近です。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

-野球少年たちの悩みアンケート-

開始しました。ぜひご協力ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

少年野球の指導法や、バッティングなどの教え方と、
練習法がわかるブログ…「伊能優介の、少年野球日誌」

この少年野球ブログ記事が少しでも参考になりましたら、

ぜひブログランキングへの、応援クリック2つお願いします。

あなたの応援が私の記事更新の、一番の原動力になります☆
 
にほんブログ村少年野球ランキング

人気ブログランキング少年野球

 

コメントを残す

サブコンテンツ

少年野球,BaseballPark



少年野球指導法,練習法,バッティングの教え方


少年野球の指導方法や練習方法は、たとえば高校野球などに比べたら
とてもやさしいように思われがちですが…じつは大変難しいものです。

なぜなら少年野球の子どもたちは、文字通り

「真っ白なキャンバス」 だからです。


中学野球以上の、野球経験のある野球少年ならまだしも
小学生である彼らは、野球については見事に何も知らないのです。

少年野球のバッティングの教え方,指導法ブログ

たとえば… バッティングの、バの字も知らない少年に、

どうすればバッティングについて、正しい指導ができるのか?

それが、指導者である我われのもっとも苦労する点です。


私が初めて、少年野球チームのコーチとして、
少年野球に たずさわった時 「たかが子どもの野球」と、

とんでもない思い違い…
つまり、タカをくくってしまいましたが
これが大変な間違いであることを、やがて知らされたのです。


それから、私の少年野球指導者の修行の道が始まりました。



少年野球指導法,バッティングの教え方,練習法ブログ

このページの先頭へ