野球少年Kくんのイップスと向き合う

金属バットの素振りによって割ってしまった、マンション

エントランスの、数十万する大きな一枚ガラス。

Kくんはあまりにも衝撃的なガラス破壊音の生々しい記憶と、

その後両親始め、周囲からの責めによって、

(もちろん私も注意はしていましたが、後日聞いた話では、

学校からも呼び出されて注意されたとのことです)

「バットを力強く振り抜くことが出来ない、イップスに陥った」

と言う話です。

 

私始めコーチたちも、翌週の練習日に両親からその報告は、

聞かされていましたので、Kクンを呼んでたとえグラウンド

内でも、あるいはグラウンド外でも、金属バットの素振りの

危険性を再度言って聞かせ、チーム全員にも同じように、

注意したのですが…

 

Kくんの打撃不振から数日後、夏休みも終わって秋の大会が

間近に迫った頃、一人のコーチから私は「イップス」

ついて話を聞かされました。

「Kくんの打撃不振はイップスが原因ではないか?」

と。

 

まさかとは思いつつも練習後にKくんを呼んで、極力リラックス

させながら私は、彼に話を聞いてみたのです。

 

結果的には彼の心の深層心理には、

「バットを思いっきり振ることに怖さや抵抗感が生まれる」

と言う無意識の想いが働いていると、素人の私でも判断できる

いろいろな「負(ネガティブ)の言葉」がKくんの口から、

数多く出たのです。

 

メンタルトレーニングなどのいろいろな本を熟読したとはいえ、

私も門外の「心の問題」に困り果て、いろいろな文献や、

サイトを調べ尽くし、そしてある対応法を以て翌週の練習終了後に、

再びKくんと相対したのです。

 

私も絶対の自信があったわけではなかったのですが、これは

ヘタをしたら、Kくんの野球人生をも左右することかも知れない、

そう思うと、武者震いとともに重い責任感を感じていました…

(続きます)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

-野球少年たちの悩みアンケート-

開始しました。ぜひご協力ください。

2 Responses to “野球少年Kくんのイップスと向き合う”

  1. ヒロ より:

    初めまして。

    ブログランキングよりきました。

    私も中学生の頃、キャッチボールをしていて
    窓ガラスを割った経験があります。

    そのときは、もうボールを投げるのが怖くなってしまいました。

    今でも怖さは残りますね・・・

    このあとどうなるか、記事が楽しみです。

    応援していきますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

少年野球,BaseballPark



少年野球指導法,練習法,バッティングの教え方


少年野球の指導方法や練習方法は、たとえば高校野球などに比べたら
とてもやさしいように思われがちですが…じつは大変難しいものです。

なぜなら少年野球の子どもたちは、文字通り

「真っ白なキャンバス」 だからです。


中学野球以上の、野球経験のある野球少年ならまだしも
小学生である彼らは、野球については見事に何も知らないのです。

少年野球のバッティングの教え方,指導法ブログ

たとえば… バッティングの、バの字も知らない少年に、

どうすればバッティングについて、正しい指導ができるのか?

それが、指導者である我われのもっとも苦労する点です。


私が初めて、少年野球チームのコーチとして、
少年野球に たずさわった時 「たかが子どもの野球」と、

とんでもない思い違い…
つまり、タカをくくってしまいましたが
これが大変な間違いであることを、やがて知らされたのです。


それから、私の少年野球指導者の修行の道が始まりました。



少年野球指導法,バッティングの教え方,練習法ブログ

このページの先頭へ