ビヨンドマックス再論:少年野球における飛ぶバット使用の賛否

2003年以降少年野球用の軟式バットに、
通常のバットより15~20%飛距離が伸びる、
と言われるハイテクバットが登場しました。

今日はこの飛ぶバットについて、
再論したいと思います。

ビヨンドマックスはなぜ飛ぶのか?

ミズノが先行開発した軟式用ハイテクバットは、
「ビヨンドマックス」と命名されて販売されています。

ミズノ以外のスポーツメーカーでも後発して、
ルイスビルスラッガー社の「カタリスト」

ZETT社の「ブラックキャノン」アシックス社の、
「テックエース」SSK社の「メタルハンター」

そしてウイルソン社の「ディマリニ・フェニックス」
各メーカーとも飛ぶバットを販売しています。

   小野球にビヨンドはありか?

では実際通常の軟式バット比べて、
どれくらい飛距離が伸びるかと言いますと・・

各メーカーともに通常の軟式バットの飛距離に対して、
15~20%(バットの種類により)アップすると、
公言しています。

なぜこの手のバットが飛距離が出るかについては、
その材質の話になりますので割愛しますが、
以下の図だけでもご理解いただけるかと思います。

  ビヨンドが飛ぶわけとは?

実際うちのチームで使っているビヨンドを試しても、
確実に飛距離は伸びると断言できます。

ビヨンドマックスで飛距離が伸びるメリット

ではこの手のバットで飛距離が伸びるメリットですが、
これはもう単純明快な話になりますね。

通常外野フライで終わるケースが、
外野手の頭を超す長打になると言うことです。

あるいはフェンスのある外野でしたら、
フェンスに当たる2塁打や3塁打が、
フェンス超えのホームランと言うことです。

またこれも体感しましたがビヨンドで打つと、
通常のバットより打球そのものが速くなります。

これもまた内野手の間を抜ける確率が高くなる、
と言う話です。

ビヨンドマックスは禁止バット?

このバットが世に出回りだしてから、
もう10数年経ちますが、

公式戦での使用を禁止するケースも、
多くなっています。

理由としては片方のチームが使用して、
相手チームが使用しないとなると、
不公平になるということです。

また中学校の部活では地域にもよるでしょうが、
基本使用を禁止されているのが現状です。
※一部使用を求めている地域もあるようです。

道具の進化とテクニック向上は別

ビヨンドマックスはじめ飛ぶバット使用への、
賛否はあるようですが、

反対意見としては、

「野球少年がバッティングの技術向上ではなく、
道具へ頼ることへの疑念と過信」

が相変わらず多いようです。

この意見に対して私が数年前に書いた記事でも、
以下のように述べています。

「果たして子どもたちが道具(バット)の優秀さによって、
素振りをやめるでしょうか?打ち込みをサボるものでしょうか?

飛ぶバットとは言え芯を喰わなければいけませんし、
ヘッドスピードだってそこそこになければ、
大きな当たりにはなりません。

“ボールの芯をバットの芯で捕らえる”

この意識はバッティングには不可欠なものです。
よってビヨンドの芯でボールを捕らえる技術は、

仮にバットが変わろうとバッティングテクニックの
向上には大いに役に立つと考えます。

また過信についても杞憂だと私は思います。
子どもとはいえそこまで単純ではないですし、

“自分のバッティングレベルは自分なりに、
ちゃんとわかっている”と思うからです。」

飛ぶバットは「絶対に使用禁止」と、
されているならともかく、

むしろ野球少年たちには、
「ルールで認められた道具の中で、
精一杯のパフォーマンスを発揮すること」

を教えるべきではないでしょうか?

いずれにしても野球用具に限らず、
スポーツ用品の精度の進化は凄まじいものがあり、

この流れは止めようもないことですし、
子どもたちには、

「道具は道具、テクニックとはまた別もの」

であることを教えるのが我々の役目だと思います。

ただ一つ言いたいことは、
ビヨンドに限らず野球道具の値段の高さ!!です。

ビヨンドのシリーズでも一番高価なバットは、
なんと3万円以上もします!!

スポーツ用品メーカーさんの良識ある価格設定を、
切に望む次第です。

       スポンサードリンク

   スポンサードリンク

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日もお読みいただきありがとうございました。
ぜひ少年野球ブログランキングへの、
応援クリックを2つお願いします。

あなたの熱い声援が、明日の記事更新のパワーの、
源になります!

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ       少年野球の指導法教え方
にほんブログ村   少年野球人気ブログランキング

野球少年にとって本当に大事なバッティングモーションを解説した、
「9回限定:野球セミナーメール」

配信停止させていただく前に読んでいただいて、
正しいバッティングモーションを野球少年にご指導ください。

「伊能 優介ベースボールセミナー:
野球少年バッティング力アップ☆9つの秘策☆」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

過去のお勧め少年野球記事、

ピッチャーを育てる「エースの方程式」詳細解説

パワーヒッティングするための“タメ”の作り方とは?

冬のキャンペーン間もなく終了。
少年野球塾からのお知らせ

コメントを残す

サブコンテンツ

少年野球,BaseballPark



少年野球指導法,練習法,バッティングの教え方


少年野球の指導方法や練習方法は、たとえば高校野球などに比べたら
とてもやさしいように思われがちですが…じつは大変難しいものです。

なぜなら少年野球の子どもたちは、文字通り

「真っ白なキャンバス」 だからです。


中学野球以上の、野球経験のある野球少年ならまだしも
小学生である彼らは、野球については見事に何も知らないのです。

少年野球のバッティングの教え方,指導法ブログ

たとえば… バッティングの、バの字も知らない少年に、

どうすればバッティングについて、正しい指導ができるのか?

それが、指導者である我われのもっとも苦労する点です。


私が初めて、少年野球チームのコーチとして、
少年野球に たずさわった時 「たかが子どもの野球」と、

とんでもない思い違い…
つまり、タカをくくってしまいましたが
これが大変な間違いであることを、やがて知らされたのです。


それから、私の少年野球指導者の修行の道が始まりました。



少年野球指導法,バッティングの教え方,練習法ブログ

このページの先頭へ