片手放しの素振りの弊害

素振りの重要性は改めてお話するまでもなく、
野球少年たちにとっての「理想の素振り法」についても、
過去に何度か記事にさせていただいています。

最近の記事はこちらです。

素振りの教え方と突っ込みバッティング矯正法

つい先日の練習試合の時に、相手チームの数名の選手が、
ベンチまで素振りを行っていました。

そこで気になったのが、野球少年にとっては戒めたい、
「片手放しの素振り」を当たり前のように行っていたことです。

またまたケチをつけるような話で恐縮ですが、
この「片手放し=トップハンド(握ったグリップ上側の手)」は、

バッティングフォームの固まっていない野球少年には、
行ってほしくない素振りです。

野球選手中田翔選手のバッティングフォーム

その理由としては、
スイングフィニッシュで片手を放すことによって、
「振り切る(振り抜く)イメージが半減される」

物理的には、

「トップハンドを放してしまうことによって、
トップハンドの使い方が理想のスイングフォームとして、
身体に刷り込まれないリスクがある」

「片手を放すことによって、スイングと同時に行っている、
下半身のズラし捻転モーションが途中で止まってしまう」

と言うリスクもあります。

これはトップハンドを放すタイミングによって、
リスク回避できる可能性もありますが、

いずれにしてもバッティングフォームが、身体に完全に
刷り込まれている プロ野球選手と違い、

野球少年たちには、決して勧められるバッティングモーション
ではありません。

元阪神タイガースの金本選手じゃありませんが、
片手でヒッティングすることなど普通でしたらあり得ないことです。

もっとも外角遠目のボールを打ちに行き、
「払い打ち」的なヒッティングで、イヤでもトップハンドを、
放さざるを得ないケースはありますが…

いずれにしても、野球少年には戒めたいものです。

 

今日の記事が参考になりましたら、ぜひ少年野球ブログランキングへの、
応援クリックを2つお願いします。

あなたの熱い声援が、明日の記事更新のパワーの源になります!

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ         少年野球の指導法教え方
にほんブログ村    少年野球人気ブログランキング

—————————————-

野球少年にとっての大事なバッティングモーションを解説した、
「9回限定:野球セミナーメール」ですが、

おかげ様で3300人の方に登録いただき、配信させていただきました。

まだ読んでないようでしたら、ぜひ今のうちに読んでいただいて、

春季大会までに正しいバッティングモーションを野球少年にご指導ください。

「伊能 優介ベースボールセミナー:
野球少年バッティング力アップ☆9つの秘策☆」

少年野球塾からの新しいお知らせはこちらです

リターンティーとは

 

One Response to “片手放しの素振りの弊害”

  1. GP より:

    いつも勉強させていただいております。
    私は一概に片手離しがいけないとは思っていません。
    逆に離せないが為、引っ張りやこねるスイングになりセンター返しができない子が多いです。
    指導者が片手離しを禁じている弊害ではないかと元プロの方から聞きました。
    本来腰と上半身を思いっきりひねってくれば、自然と手は離れるものと思います。手の付いている位置が違うので当然です。
    なので「手を離す」のでなく「手が離れちゃう」くらい振れるスイング指導をする方が大事だと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

少年野球,BaseballPark



少年野球指導法,練習法,バッティングの教え方


少年野球の指導方法や練習方法は、たとえば高校野球などに比べたら
とてもやさしいように思われがちですが…じつは大変難しいものです。

なぜなら少年野球の子どもたちは、文字通り

「真っ白なキャンバス」 だからです。


中学野球以上の、野球経験のある野球少年ならまだしも
小学生である彼らは、野球については見事に何も知らないのです。

少年野球のバッティングの教え方,指導法ブログ

たとえば… バッティングの、バの字も知らない少年に、

どうすればバッティングについて、正しい指導ができるのか?

それが、指導者である我われのもっとも苦労する点です。


私が初めて、少年野球チームのコーチとして、
少年野球に たずさわった時 「たかが子どもの野球」と、

とんでもない思い違い…
つまり、タカをくくってしまいましたが
これが大変な間違いであることを、やがて知らされたのです。


それから、私の少年野球指導者の修行の道が始まりました。



少年野球指導法,バッティングの教え方,練習法ブログ

このページの先頭へ