野球少年にお勧めのインターバル走

ちょっと前の話ですが、

うちのチームで行っているお正月明け一番のマラソン大会の時に、

感じたことです。

 

うちのマラソン大会では低学年で約1km、 高学年が約2km、

走ります。

 

これは毎年の新年練習始めの恒例行事なんですが、

どうもここ数年、子どもたちの持久力が低下している気が

して なりません。

 

体力テストの5分完走でも、1km走れる子が年々少なくなって

きています。

 

野球は瞬発系スポーツですが、やはりいろんな意味でも 、

小学生とは言え、ある程度のスタミナが必要になります。

特にピッチャーですと、 長いイニングを投げるために、

あるいは、夏場を乗り切るためにも、スタミナは必要不可欠です。

 

うちではそれを危惧して、冬季練習期間に持久力アップ

トレーニングを取り入れていると、 以前も書いていますが、

筋トレ中心の、 サーキットトレーニングは小学生には、

向いていませんし、長距離を走れ走れでは遅筋が強くなりますが、

野球に必要な速筋が 鍛えられません。

 

お勧めしたいのは、やはりインターバル走 なんですね。

これは短距離を 全力で走って、休憩してまた走る、

これを繰り返すことです。

 

お勧めはベースランニングです。

1~2年の 低学年でしたら、 ホームから一塁駆け抜け、

3・4年生はセカンドまで、5・6年生はサードまで、

それぞれ塁間途中まで走ったのを確認したら、 次の子を

スタートさせるのが コツです。

 

そうすることで、背後に走ってくると感じて手抜きせず

全力で走ります。

それぞれの塁から戻る時に、 ゆっくりジョギングで戻り、

少しブラブラ歩いてインターバルを取り、30秒後に再スタートです。

 

これを5本連続で行います。

ベーランにすることで、 正しい走塁ルートやベースを踏む位置など、

併せて指導できますから、一石二鳥では ないでしょうか?

なおベースを踏む足は「原則左足」です…念のため。

 

インターバル走が終了したら、十分休憩と水分を 補給させ、

練習再開となります。

夏場の暑いシーズンを 無事乗り切るためにも、スタミナを作る練習は、

やはり不可欠だと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

少年野球,BaseballPark



少年野球指導法,練習法,バッティングの教え方


少年野球の指導方法や練習方法は、たとえば高校野球などに比べたら
とてもやさしいように思われがちですが…じつは大変難しいものです。

なぜなら少年野球の子どもたちは、文字通り

「真っ白なキャンバス」 だからです。


中学野球以上の、野球経験のある野球少年ならまだしも
小学生である彼らは、野球については見事に何も知らないのです。

少年野球のバッティングの教え方,指導法ブログ

たとえば… バッティングの、バの字も知らない少年に、

どうすればバッティングについて、正しい指導ができるのか?

それが、指導者である我われのもっとも苦労する点です。


私が初めて、少年野球チームのコーチとして、
少年野球に たずさわった時 「たかが子どもの野球」と、

とんでもない思い違い…
つまり、タカをくくってしまいましたが
これが大変な間違いであることを、やがて知らされたのです。


それから、私の少年野球指導者の修行の道が始まりました。



少年野球指導法,バッティングの教え方,練習法ブログ

このページの先頭へ