ピックオフスチールその2(再掲載)

今日は走塁における、ピックオフスチールを

ご紹介します。

アウトカウントは関係なく…自軍のランナーが2塁、

または1、2塁のケースで仕掛けます。

まず、監督なりコーチなりサインを出す方が、

事前に、ランナーがいる時の相手キャッチャーの、

ピッチャーへの返球状態を観察しておくことです。

つまり…

ランナーをあまりけん制せずに返球するか、

仮に見ても、山なりの返球をするか、

そんなタイプのキャッチャーであれば、

この、ピックオフスチールは意外にカンタンに、

仕掛けられます。
条件は足の速い子です。

まず、2塁ランナーにそのサインを出しておきます。

そして、バッターに初球は「待て」のサインです。

このとき当然、2塁ランナーはセカンドリード

(第二リード)を取りますね。

そこで普通なら、ランナーはピッチャー投球後、

バッターがヒッティングに出なかった場合、

キャッチャーが返球する際、セカンドに帰塁しますが…

帰塁しません。
セカンドリードで進んだ位置(塁間の真ん中より、

やや2塁方向…距離としては2塁から7~8m)

そして、キャッチャーがピッチャーに返球した瞬間、

(キャッチャーの手からボールが放れた瞬間)

セカンドランナーは、3盗を仕掛けるのです。

ではそのコツですが、

1、ランナーが仕掛けるときは、ボーっと突っ立った

感じでいること。

決して身構えないで油断させること。


2、キャッチャーが大きいリードに気付いて、

追い込むそぶりをしても、急いで帰塁せず、

できればキャッチャーからのけん制送球を投げさせたい。

この場合は、コツが必要ですがその瞬間も、

3盗することができます。

肩に自信のある子は、大きいリードにすぐけん制球を、

投げるものです。これはチャンスにできます。

 

3、もし、キャッチャーがボールを持ったまま、

追い込むように回り込んできたら、帰塁すれば

いいことです。

これは、私の感覚では相手のバッテリーレベルよりますが、

成功確率は90%はあります。

ご存知のとおり、少年野球の得点圏は2塁ではムリです。

3塁に進んで、初めて得点圏内です。

こういったトリッキーなプレーが成功すると、

子どもたちに良い意味で、「相手を飲んでかかる」

的な気持ちの余裕が生まれと言うことです。

 

さらにこのピックオフスチールは、勉強させられることが

多いです。

つまり反面教師的に逆の立場に立てば、

「キャッチャーに、返球時のランナーの警戒を学ばせる」

ことができます。

独自の練習方法を考えて、指導する場合にきちんと、

コーチしたいものです。

どんな練習もその方法と、指導法、あるいはコーチの仕方に、

工夫が欲しいものですね。

でもくどいようですが、

「この手の小技は決して正攻法ではありません」

何度も通用しませんし、子どもたちを指導する上で、

あくまで「小技、裏技」であることを、充分理解

させたいものです。

———————————————————-

少年野球の指導法や、バッティングなどの教え方と、
練習法がわかるブログ…「伊能優介の、少年野球日誌」

この少年野球ブログ記事が少しでも参考になりましたら、

ぜひブログランキングへの、応援クリック2つお願いします。

あなたの応援が私の記事更新の、一番の原動力になります☆
 
にほんブログ村少年野球ランキング

人気ブログランキング少年野球

コメントを残す

サブコンテンツ

少年野球,BaseballPark



少年野球指導法,練習法,バッティングの教え方


少年野球の指導方法や練習方法は、たとえば高校野球などに比べたら
とてもやさしいように思われがちですが…じつは大変難しいものです。

なぜなら少年野球の子どもたちは、文字通り

「真っ白なキャンバス」 だからです。


中学野球以上の、野球経験のある野球少年ならまだしも
小学生である彼らは、野球については見事に何も知らないのです。

少年野球のバッティングの教え方,指導法ブログ

たとえば… バッティングの、バの字も知らない少年に、

どうすればバッティングについて、正しい指導ができるのか?

それが、指導者である我われのもっとも苦労する点です。


私が初めて、少年野球チームのコーチとして、
少年野球に たずさわった時 「たかが子どもの野球」と、

とんでもない思い違い…
つまり、タカをくくってしまいましたが
これが大変な間違いであることを、やがて知らされたのです。


それから、私の少年野球指導者の修行の道が始まりました。



少年野球指導法,バッティングの教え方,練習法ブログ

このページの先頭へ