真夏の守備練習はランダムノックで効率的に

梅雨明けも間近でいよいよ本格的な夏です。

繰り返し書いているように、くれぐれも熱中症対策だけは、

絶対に励行しましょうね!!

 

間違っても“逆もまた真なり”とばかりに、グラジャンを着せて、

暑さに負けるな!!と言った愚言愚行はやめましょう!!

 

ところで、真夏の守備練でノック練習を行いますが、

うちでもこの時期のノック時間は短縮して行います。

当たり前の話ですが、ノッカーがヘトヘトになるほど、

ノックをしたとしてもノッカーは基本一人、

交代してもせいぜい二人、

対して守備についた子どもたちは、うちのAチームでも、

19名います。

 

ノッカーが1時間大汗かいてノックを200回行っても、

子どもが一人当たり受けるノックの数は、

200÷19=10.5球

つまり、

「たった10球のノックを受けるために1時間、

真夏のグラウンドに立ち尽くしているのです」

 

試合であっても1回の守備時間は、せいぜい15分~程度です。

真夏の炎天下に休憩を入れたとしても、1時間にわずか、

10球のノックはどう考えても、非効率的です。

 

もちろん、多少の暑さ慣れや集中力の持続も、考えないと

いけませんが、うちではまず内外野に分けて、

20分の集中守備ノックを行い、その後一度給水タイムを

取って、今度は内外野全員守備位置につき、合同ノックに入ります。

 

この時は、ランナーを交代で置いてノーアウト、または、

ワンアウトランナー1塁に始まって、

各シュミレーションプレーを45分間行います。

 

ノッカーは確認したいプレーや、試合で失敗したケースを、

いろいろ想定してランダムにノックします。

サードから順番に行う通常ノックでは、構えている子どもたちも、

自分の番とわかって動きますから、それは想定内でしかなく、

予想外の動きの練習にはなりません。

 

ランダムノックでは、試合同様いつ自分の場所に、

ボールが飛んで来るかわかりませんから、集中力も違います。

 

もちろん、すでにこういった守備練を取り入れているチームも、

多いようですが、念のため紹介させていただきました。

 

ちなみに昨日の守備練で、約1時間この練習で、

子ども一人あたり、平均15球のノック、

つまり、15回の守備機会がありました。

真夏の守備練は、効率的に行うようにしましょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

野球大好き仲間のブログが満載、そして、

野球技術を学べるブログが集結していますよ☆

少年野球にほんブログ村

少年野球ブログランキング

 

少年野球の指導法や、バッティングなどの教え方と、
練習法がわかるブログ…「伊能優介の、少年野球日誌」

コメントを残す

サブコンテンツ

少年野球,BaseballPark



少年野球指導法,練習法,バッティングの教え方


少年野球の指導方法や練習方法は、たとえば高校野球などに比べたら
とてもやさしいように思われがちですが…じつは大変難しいものです。

なぜなら少年野球の子どもたちは、文字通り

「真っ白なキャンバス」 だからです。


中学野球以上の、野球経験のある野球少年ならまだしも
小学生である彼らは、野球については見事に何も知らないのです。

少年野球のバッティングの教え方,指導法ブログ

たとえば… バッティングの、バの字も知らない少年に、

どうすればバッティングについて、正しい指導ができるのか?

それが、指導者である我われのもっとも苦労する点です。


私が初めて、少年野球チームのコーチとして、
少年野球に たずさわった時 「たかが子どもの野球」と、

とんでもない思い違い…
つまり、タカをくくってしまいましたが
これが大変な間違いであることを、やがて知らされたのです。


それから、私の少年野球指導者の修行の道が始まりました。



少年野球指導法,バッティングの教え方,練習法ブログ

このページの先頭へ