雨の日のお勧め室内練習法(再掲載)

「雨の日などの室内(体育館など)での、

お勧めの練習方法や指導方法はありますか?」

とメールをいただきました。

本日、4月に雪という悪天候でうちの少年野球チームも、

午前中は体育館の片隅で、室内練習となりました。

ご参考までに、うちのチームでの室内での練習方法ですが…

いろいろありますが、今日の練習メニューからご紹介します。

 

1、ルール確認(審判団中心)

これは、実際にストライク、ボールのコース確認。

さらに低学年の子どもには、タッチプレー、フォースプレー

の違いを、実際にベースを置きいろいろなケースで指導。

 

2、挟殺プレー(ランダンプレー)の練習をコーチ指導。

室内でも塁間は取れますので、実際にランナーを挟殺する

練習を指導。

・時計逆まわりで、

・若い塁でアウトにすること。

・さらに受け手はグラブを目標にさせるために、

高く掲げること。

・ランナーを間に、一直線にはならないこと。

・ボールを受け取ったら、利き手にすばやく持ち替えて、

ランナータッチすること。

・目標は3回以内のボール受け渡しでアウトにすること。

・レベルが上がったら、ランナーの目を見て偽投を、

取り入れること。

コツとしては、ゲーム感覚で4人1組のチームを作り、

いかに最短で、ランナーをアウトにできるかを競い合う。

 

3、スライディング練習

体育館の床は良く滑るので、低学年中心にスライディングの

練習を行います。

コツとしては、

・ヒザではなく、お尻で滑らせること。

・基本は、慣れるまでバンザイしながら。

・つま先を絶対上に向けさせること(捻挫防止のため)

 

4、一番お勧めのバッティング練習法

これは、バトミントンのシャトル(羽)打ちが、

一番のお勧めです。

2~3mほど放れての、トスバッティングですが、

シンクロすることと、シャトルのオモリ部分を確実に、

打ち抜くことをテーマにします。

 

さらに、このトスバッティングを通じて、

・スイングの見直し、
・タイミングの取り方、
・羽をしっかり打ち抜くまで見る練習、

このバッティングの練習方法には、いろいろな要素が

含まれていますので、

かなり効率の良いバッティング練習になるのでは

ないでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

少年野球,BaseballPark



少年野球指導法,練習法,バッティングの教え方


少年野球の指導方法や練習方法は、たとえば高校野球などに比べたら
とてもやさしいように思われがちですが…じつは大変難しいものです。

なぜなら少年野球の子どもたちは、文字通り

「真っ白なキャンバス」 だからです。


中学野球以上の、野球経験のある野球少年ならまだしも
小学生である彼らは、野球については見事に何も知らないのです。

少年野球のバッティングの教え方,指導法ブログ

たとえば… バッティングの、バの字も知らない少年に、

どうすればバッティングについて、正しい指導ができるのか?

それが、指導者である我われのもっとも苦労する点です。


私が初めて、少年野球チームのコーチとして、
少年野球に たずさわった時 「たかが子どもの野球」と、

とんでもない思い違い…
つまり、タカをくくってしまいましたが
これが大変な間違いであることを、やがて知らされたのです。


それから、私の少年野球指導者の修行の道が始まりました。



少年野球指導法,バッティングの教え方,練習法ブログ

このページの先頭へ