少年野球のピッチャーの球数に応じたケア法~アイシングの是非を問う~

プロ野球中継でもピッチャーが投球終了後に、
肩や肘をアイシングしているシーンをよく見かけます。

少年野球のピッチャーがケアの一つとして、
「プロのピッチャー同様アイシングは必要か?」

といった質問メールをいただきました。

今日はこのアイシングの是非について、
お伝えしたいと思います。

少年野球のピッチャーの球数って?

プロ野球の試合終了後にこんなシーンをよく見かけますよね?

      少年野球のピッチャーのケアにアイシングは?

そのピッチャーのアイシングの話の前に、
少年野球のピッチャーの球数制限について、
簡単に紹介いたします。

少年野球においてもピッチャーの、
肩や肘の障害を考慮して、

10数年前から公式戦においては、
いろいろな制限を設けるようになりました。

    野球少年に覚えてほしい正しい投げ方のための練習法

たとえばスポーツ少年団のルールですと、

・投手の投球制限について選手の健康維持を考慮し、
1日21アウトまでとする(つまり7イニングス)

学童野球では以下のような明確なルールが、
施行されていました。
 
・投手の投球制限については、健康維持を考慮し、
1日7イニングまでとする。

但しタイブレーク直前のイニングを投げ切った投手に限り、
最大9イニングを投げることができる。

少年野球のピッチャー投球後のケアについて

申し上げるまでもなくたとえ少年野球といえど、
高校野球のピッチャーやプロのピッチャー同様、
全力で投げ続ければ肩や肘に大きな負担がかかります。

7イニングス投げ切れば1イニング平均15~20球として、
100~140投の球数になります。

この球数はプロのピッチャーと比較しても、
少なくはありません。

ですから当然投球後のケアは必要になってきます。

体力的な低下はもちろんですが、
肩肘に乳酸が蓄積しダメージが残ると同時に、

肩周辺から上腕そして指先にまで熱を帯びています。

投球後のケアとして比較的その場で簡単にケアする、
エクササイズとして、

軽いキャッチボールでクールダウンを行ったあと、

“コーチが選手の投球腕手首を掴み真上に上げて、
手の平を左右に30秒ほどブラブラと振らせます”

これは下がったままの血流を元に戻しつつ、
疲労性乳酸を拡散消滅させるためです。
(それでも完全には消えません)

少年野球のピッチャーにもアイシングは必要?

アイシングとはこんな感じですが…

    少年野球のピッチャーのケアにアイシングは必要?

野球少年(ピッチャー)のオーバーユース…
投げ過ぎは絶対禁物であり、

連投でもして投げ続ければほぼ確実に、
「内側性野球肘」を発症しかねません。

では投球後のケア法としての、
「アイシングの是非」についてですが…

私はチームにアイシングの習慣を取り入れてから、
これまでその必要性については疑ったことが、
なかったのですが

最近「アイシングの科学的否定論」が、
確立されてきたと聞いて驚いています。

アイシング否定説の意見としては、

・傷の修復スピードを遅らせる。
・筋肉が硬くなってしまう。
・筋力が低下してしまう。
・神経の働きが低下してしまう。

こう言った点が注意喚起されているようですが、
反面アイシング必要論も多くの専門家から、
推奨されていることも確かなんですね。

アイシングの効果は2つあると言われていて、

・ピッチングを行ったことによる、
筋肉の炎症を抑える効果。

・疲労除去の効果。

熱を持った(炎症した)患部を冷やすというのは、
当たり前の考えであって、

アイシングをすることにより血管が一度収縮し、
その後温めることにより、
反動で血管が通常よりも大きく拡がると学びました。

ですからアイシングを行う場合でも、
10~15分程度をMAXとして、

その後肩肘はシャツなどで覆って温めることが、
大切だとも聞いています。

アイシング後に温めることで血管が大きく拡がり、
乳酸など疲労物質は流れやすくなり、
疲労回復を早めるという説です。

私は医師ではないですから絶対的な説として、
アイシングを説くスキルはありません。

最終的な判断はこれをお読みのあなたに、
委ねるしかありませんが、

もしご意見がありましたらぜひ、
コメントいただければ幸いです。


◆正しいピッチング術を野球少年の指導する場合は、
少年野球塾さん推奨教材でもあるこちらの教材がお勧めです。

少年野球塾の有料教材が無償で付いてきますので、
こちらの記事でご確認ください。

ピッチャーを育てる「エースの方程式」詳細解説

◆また先日再案内させていただいた、

「9回配信限定:少年野球バッティングセミナーメール」

野球少年にとって本当に大事な4つのバッティングモーションを、
詳しく解説していますので、

配信停止させていただく前にぜひ読んでいただいて、
野球少年たちににご指導ください。

「伊能 優介ベースボールセミナー:
野球少年バッティング力アップ☆9つの秘策☆」

どうしてもセミナーメールが届かなかったら…

「ベースボールセミナーメールが届かない人へ」

◆早くも始まりました^^

少年野球塾から夏季キャンペーンのお知らせ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日もお読みいただきありがとうございました。
ぜひ少年野球ブログランキングへの、
応援クリックを2つお願いします。

あなたの熱い声援が、明日の記事更新のパワーの、
源になります!

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ       少年野球の指導法教え方
にほんブログ村   少年野球人気ブログランキング

スポンサードリンク2ステップで作る稼ぎの仕組み

コメントを残す

サブコンテンツ

少年野球,BaseballPark



少年野球指導法,練習法,バッティングの教え方


少年野球の指導方法や練習方法は、たとえば高校野球などに比べたら
とてもやさしいように思われがちですが…じつは大変難しいものです。

なぜなら少年野球の子どもたちは、文字通り

「真っ白なキャンバス」 だからです。


中学野球以上の、野球経験のある野球少年ならまだしも
小学生である彼らは、野球については見事に何も知らないのです。

少年野球のバッティングの教え方,指導法ブログ

たとえば… バッティングの、バの字も知らない少年に、

どうすればバッティングについて、正しい指導ができるのか?

それが、指導者である我われのもっとも苦労する点です。


私が初めて、少年野球チームのコーチとして、
少年野球に たずさわった時 「たかが子どもの野球」と、

とんでもない思い違い…
つまり、タカをくくってしまいましたが
これが大変な間違いであることを、やがて知らされたのです。


それから、私の少年野球指導者の修行の道が始まりました。



少年野球指導法,バッティングの教え方,練習法ブログ

このページの先頭へ