小学生ピッチャーにスローボールを教えるには?

前記事、

小学生ピッチャーにチェンジアップを指導する場合・・

こちらに以下のようなコメントがありました。

「いつも楽しく拝見しています。
新5年生の息子ですがチェンジアップではなく、

出来るだけストレートと同じ振りのスローボールを混ぜての、
投球ですがやはりにぎりから変えないと肘の負担になるでしょうか?」

チェンジアップの話の前に本来でしたら、
この「スローボール」をテーマにすべきでした。

まず先に答えさせていただきますが、
「ストレートと同じ握りによる、スローボール投球によって、
肘に負担がかかることは、まずあり得ません」

と言うことですね。

チェンジアップを教える前に「スローボール投球」による、
バッターのタイミング外しもまた有効だからです。

ただし、

小学生ピッチャーにとって、
「スローボール」は決してやさしいものではありません。

なぜなら、チェンジアップは握りだけを変えれば、
ある程度は投げられるボールであり、

この場合のポイントとしては、
リリースのコツだけ会得すれば覚えられますが、

「スローボール」投球は、フォームそのもののリズムを変え、
それまで一生懸命振り切っていた投球腕を、

スローテンポで投げ込むと言う「高等テクニック」が、
要求されるからです。

   スローボールの投球フォーム

写真は日ハムの多田野投手の超スローボールです。

これはプロ野球のピッチャーでもあまり見られませんが、
その理由は仮にタイミングを外せても、

本来のチェンジアップのように急激に沈むこともないため、
ボール軌道が山なりで変化することがないからです。

つまり多投すれば必ず打たれるボールなんですね。

小学生の場合、普通にフォームができた上で、
投球リズムをスローにしてゆっくり投げ込む・・

ステップ足を上げきった時点から、テンポを遅くするのが、
コツです。

とは言え、

「スローボール投球」は教えられますが、制球力となると、
チェンジアップよりも難しいものです。

この点をしっかり指導して投球練習を繰り返した上で、
練習試合で試すのも良いかと思います。

—————————————-

ぜひ少年野球ブログランキングへの、
応援クリックを2つお願いします。

あなたの熱い声援が、明日の記事更新のパワーの源になります!

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ         少年野球の指導法教え方
にほんブログ村    少年野球人気ブログランキング

—————————————-

少年野球塾さんにお勧め教材が追加されました。
私も少し前にお勧めした優良教材のひとつで、
小学生高学年から中学生向きの教材です。

篠塚和典氏の野球少年向けバッティングDVD教材

小学生なりにバッティングの基本ができた野球少年で、
長打不足や強い打球を生む指導するにはお勧めですね。

     
篠塚氏の少年野球指導法とバッティングの教え方

バッティングDVD教材—————————————-

安心してください!まだ間に合いますよ!!(^^)!

野球少年にとって本当に大事なバッティングモーションを解説した、
「9回限定:野球セミナーメール」

ぜひ今のうちに読んでいただいて、
正しいバッティングモーションを野球少年にご指導ください。

「伊能 優介ベースボールセミナー:
野球少年バッティング力アップ☆9つの秘策☆」

 

コメントを残す

サブコンテンツ

少年野球,BaseballPark



少年野球指導法,練習法,バッティングの教え方


少年野球の指導方法や練習方法は、たとえば高校野球などに比べたら
とてもやさしいように思われがちですが…じつは大変難しいものです。

なぜなら少年野球の子どもたちは、文字通り

「真っ白なキャンバス」 だからです。


中学野球以上の、野球経験のある野球少年ならまだしも
小学生である彼らは、野球については見事に何も知らないのです。

少年野球のバッティングの教え方,指導法ブログ

たとえば… バッティングの、バの字も知らない少年に、

どうすればバッティングについて、正しい指導ができるのか?

それが、指導者である我われのもっとも苦労する点です。


私が初めて、少年野球チームのコーチとして、
少年野球に たずさわった時 「たかが子どもの野球」と、

とんでもない思い違い…
つまり、タカをくくってしまいましたが
これが大変な間違いであることを、やがて知らされたのです。


それから、私の少年野球指導者の修行の道が始まりました。



少年野球指導法,バッティングの教え方,練習法ブログ

このページの先頭へ