野球少年の理想の冬場の過ごし方とは

今年もすべての公式戦を終え、2016年のシーズンも
無事終えることができました。

これから来年の春まで、新6年生を中心に、
新しいチーム作りとなるわけですが、

約4ヶ月間のこの時期に、野球少年がやるべきこと、
この点につきましては毎年同じ話の繰り返しで恐縮ですが、
テクニカル面より体作りをメインにすべきです。

ただし、キャッチボールによる、
「正しい投げ方」「キャッチング」「遠投力」の、
レベルアップは必須ですが、

では体作りのメインテーマとすべきことですが、

・瞬発力アップ、
・持久力アップ、
・多少の筋力アップ、

この3点をこの冬場に強化することが大切かと思います。

野球選手にとって何より大切な瞬発力については、
ラダートレーニングやオリジナルの反復横飛びのなど、

持久力はやはりジョギングとなりますが、
スイミングに通っている子どもには、可能な限りの遠泳を、
指示しています。

筋力トレーニングについては、過度な回数は戒めつつ、
腹筋・背筋・上腕筋・大腿筋などの強化を、

毎日少しずつ行うようにメニュー表を渡して、
親御さんにチェックいただいています。

うちでも冬季練習及び自宅練習として、この3つのテーマを
野球少年たちの大きな課題として、

親御さんには自宅で子どもが毎日30分~40分取り組むことの、
ご理解と許可をお願いしています。

テクニカル面は運動能力が普通にある野球少年でしたら、
春先からの練習で見る見る上達しますし、

そしてその上達するための条件が、冬場の体力強化と言うことです。
極論すれば、冬場のトレーニング次第で翌年の野球少年たちの、
野球力やチーム力が決まると言っても過言ではありません。

実際うちではこの点に注力しているため、毎年そこそこの
チーム力を維持できています。

そしてテクニカル面では「古き悪しき野球理論」を排除しての、
「正しい野球技術指導」を行うことが全てだと思います。

以下参考記事になります。

「冬季練習次第で来春の野球レベルが決まります」

推奨☆正しい投げ方・キャッチボール指導法

また、もし以下野球セミナーメールをまだお読みでないなら、
年末年始にお読みいただくことをお勧めします。

「伊能 優介ベースボールセミナー:
野球少年バッティング力アップ☆9つの秘策☆」

それでは読者の皆様、
今年も拙いブログをご愛読頂き心から感謝申し上げます。

そして来年もまた皆様と野球少年にとって、
輝かしいすばらしい年になりますように!!

コメントを残す

サブコンテンツ

少年野球,BaseballPark



少年野球指導法,練習法,バッティングの教え方


少年野球の指導方法や練習方法は、たとえば高校野球などに比べたら
とてもやさしいように思われがちですが…じつは大変難しいものです。

なぜなら少年野球の子どもたちは、文字通り

「真っ白なキャンバス」 だからです。


中学野球以上の、野球経験のある野球少年ならまだしも
小学生である彼らは、野球については見事に何も知らないのです。

少年野球のバッティングの教え方,指導法ブログ

たとえば… バッティングの、バの字も知らない少年に、

どうすればバッティングについて、正しい指導ができるのか?

それが、指導者である我われのもっとも苦労する点です。


私が初めて、少年野球チームのコーチとして、
少年野球に たずさわった時 「たかが子どもの野球」と、

とんでもない思い違い…
つまり、タカをくくってしまいましたが
これが大変な間違いであることを、やがて知らされたのです。


それから、私の少年野球指導者の修行の道が始まりました。



少年野球指導法,バッティングの教え方,練習法ブログ

このページの先頭へ