バッティングで野球少年がより確実にミート力を上げるには?

野球少年にとってミート力を上げることはとても大事なことですね。
つまり「ピッチャーのボールをより正確に打ち抜く」ことが、
やはりヒット量産の秘訣でもあります。

ではどんな練習法やバッティングフォームでそれが叶うかと言えば…

 

遅ればせながら新年あけましておめでとうございます。
本年も「少年野球日誌」当ブログご愛読をお願い申し上げます。

バッティングでミート力を上げるには

まず一番大事な考え方は「投じられたボールをよく見る」
と言う当たり前の話です。

バッティングセミナーメールを読まれた人なら、
十分ご理解いただいているでしょうが、

ボールをミートする瞬間まで見ている野球少年は、
ほとんどいません。

「ボールをよく見て打てよ~」
と言ったかけ声だけで野球少年たちの目線が、
ミートまでしっかり見続けることはありません。

やはりそれなりの練習の積み重ねで目線が切れずに、
ボールを打ち抜く目が養われるのです。

ゴルフのように止まったボールでさえ、スイング始動から
目線を切ればジャストミートすることはムズカシイものです。

まして飛んで来るボールを打ち抜くには、
「動体視力」と最後までボールを見ようとする「目線意識」が、
重要になってきます。

適当にボール軌道だけでボールの位置を予測して、
エイヤ~っでバットを振っても、
ボールを芯で捉えることはムズカシイものです。

ボールを最後まで見続ける練習

ではどんな練習をすれば野球少年がインパクトの瞬間まで、
ちゃんとボールを見ていられるか?

これは一にも二にもバント練習がお勧めです。
最初は山なりのボールでかまいません。

ミート力アップのバント練習

徐々にスピードアップしてしてそのボールを、
バットの芯に当てるまで目線が切れないか?
その点をチェックすることが大事ですね。

繰り返しバント練習を行うことで、
「最後までしっかりボールを見るクセ」がついてきます。

ミートをコントロールするのはプルハンド(引き手)

バットを握った両手の働きですが、右バッターの右手は
プッシュハンド(押し手)と言い、
バットにパワーを伝える役目を果たします。

対して左手はプルハンド(引き手)と言って、
主にバットコントロールを果たす役目があります。

ミート力を上げるには左手一本でバットを握って、
軽いトスバッティングを行うのも効果的です。

非力な野球少年のためになるべく軽めのバットを持たせて、
左手でワングリップ程度開けて握らせます。

その状態でトスバッティングを行いますが、
大切なことは「ミート力を上げる」練習ですから、
打球に勢いがなくてもゼンゼン問題はありません。

ミート力アップのための片手打ち練習

ちゃんとボールの芯に当てられているか?
そのチェックを忘れないでください。

シャトル打ちでミート力アップ

うちのチームでも雨天での体育館練習でよくやるのですが、
バドミントンのシャトルを使ったトスバッティングも、
ミート力アップにためには有効なバッティング練習法です。

シャトルは羽根の部分にバットを当てても、
まったく飛んでくれません。

あの小さな根っこに当てることでカキン!と良い音がして、
飛んでくれます。

参考動画を見つけましたのでご紹介いたしますね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日もお読みいただきありがとうございました。
ぜひ少年野球ブログランキングへの、
応援クリックを2つお願いします。

あなたの熱い声援が、明日の記事更新のパワーの、
源になります!

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ       少年野球の指導法教え方
にほんブログ村   少年野球人気ブログランキング

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ベースボールセミナーメール配信ご希望の場合は、
以下の記事よりメールアドレスを登録してください。

◆「少年野球ベースボールセミナー☆
バッティング力アップのための4つの秘策」

◆「少年野球ベースボールセミナー☆ピッチャー育成術☆
野手にも必要な正しい投げ方5つのメソッド」


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

少年野球,BaseballPark



少年野球指導法,練習法,バッティングの教え方


少年野球の指導方法や練習方法は、たとえば高校野球などに比べたら
とてもやさしいように思われがちですが…じつは大変難しいものです。

なぜなら少年野球の子どもたちは、文字通り

「真っ白なキャンバス」 だからです。


中学野球以上の、野球経験のある野球少年ならまだしも
小学生である彼らは、野球については見事に何も知らないのです。

少年野球のバッティングの教え方,指導法ブログ

たとえば… バッティングの、バの字も知らない少年に、

どうすればバッティングについて、正しい指導ができるのか?

それが、指導者である我われのもっとも苦労する点です。


私が初めて、少年野球チームのコーチとして、
少年野球に たずさわった時 「たかが子どもの野球」と、

とんでもない思い違い…
つまり、タカをくくってしまいましたが
これが大変な間違いであることを、やがて知らされたのです。


それから、私の少年野球指導者の修行の道が始まりました。



少年野球指導法,バッティングの教え方,練習法ブログ

このページの先頭へ