高目のボールを打つには

先日コメント欄に 野球好きオヤジさんから、

以下のような 質問がありました。

 

「高めのボールの打ち方です。

私も色々読んだり調べたりしているのですが、

高めのボールを打つのだけダウンスイングみたく、

フィニッシュは腰に振り切る形で良いのでしょうか?

 

私野球経験が無いもので子供にも教えてあげられず

チームでは、昔ながらのコース関係なく、ダウンスイングで

教えられて居ます。

 

バッティングセンターで高めのボールのみ振る練習を

子供にさせてみるとレベルスイングだと、脇が開いてしまい

当てきれずフライのみしか打てません。

 

真ん中から低めのボールは、しっかりレベルからアッパー

気味で振れて良い当たりするのですが、

どーしても高めだけ打てる様にならず、親子ともども

悩んでおります。     」

 

この質問を読むと、 野球好きオヤジさんはちょっと誤解している

感じがします。

高目…(あくまでストライクゾーン内)ここを打つ場合でも、

インパクトを迎えるグリップ位置は、 ボールの高さより、

高くなることはない、 と言う点です (当たり前ですが)

 

高目のボールであれ、グリップ位置を必要以上に上げれば、

確かに脇が開きます。

脇が開くのは、 NGモーション だと言うことをまず最初に、

念頭に置いてほしいと思います。

 

>高めのボールを打つのだけダウンスイングみたく、
>フィニッシュは腰に振り切る形で良いのでしょうか?

つまり以下の図のような 打ち方(スイング軌道)を、

思い描いているのでしたら大きな誤解だと言うことです。

少年野球バッティング指導法,少年野球練習法,野球がうまくなる方法,

※故村上豊氏科学する野球より拝借

 

高目のスイング軌道については下図を ご理解いただければ、

おわかりいただけると 思います。

少年野球バッティング指導法,野球練習法,

※故村上豊氏科学する野球より拝借

イラストのように高目であれ 脇を開くことなく、

ボールインパクトを迎えられるものです。

 

高目のボールには、

「バットヘッドが高くなるだけ」

と言う基本的なことを、 ご理解いただければと 思います。

 

もちろん、ローボールを打つ場合と高目を打つ場合では、

グリップ位置が同じはずはありません。

 

でも子どもの場合は、 素振りやトスバでそれが理解できて

いないと、高目には脇を開いて グリップ位置を上げ、

チャンバラの 袈裟懸け斬りのように、まるで半円を描くような、

スイング軌道で、バットを振る子がいます。

 

当然フィニッシュは腰のあたりへの、

「ダウンスイングフィニッシュ」

です。

 

また私の経験上、子どもたちは高目のボールが好き…と言うか、

目線に近くなる分、振りやすい(当てやすい)と感じる子が、

多いようです。

 

高目であれ、バットヘッドだけを立てて スイングすれば、

スイング軌道は、 レベルからアッパーに 振り切れます。

ただしスイング軌道は、低目のボールやベルトラインを捕える

スイングとは、当然違います。

 

まずトップからダウンですが、このダウンが小さくなります。

そしてベルトラインから、低目を捕えたスイングより、

アッパー軌道は、イヤでも小さくなります。

 

これはやはり指導者が素振りでイメージさせ、そしてトスバで、

高目のボールを繰り返し打たせることです。

ただし、 くれぐれも脇上以上のボール

(つまりストライクゾーン外)

これを打たせてはいけません。

 

さらにグリップ位置を、必要以上に上げた場合の スイングには、

大きな欠点が生まれやすくなります。

実際時折、 プロでも高校野球でも高目にグリップ位置を、

合わせて打つ選手も見かけます。

 

その場合は、トップハンド (右バッターの右手)が、

“くの字”に「背屈」していますから、パワーのある、

強い打球が生まれません。

少年野球の教え方,バッティング法

※故村上豊氏科学する野球より拝借

私の古い スクラップ写真ですが、一流バッターの、

トップハンドは決して「背屈」せずに、 ボールインパクトを、

迎えています。

少年野球の教え方,バッティング法

bb003

0a8fe1c9

 

ちなみにトップハンドが「背屈」した写真はこちらです。

少年野球バッティング指導法,少年野球練習法,野球がうまくなる方法,bb008

以上ご参考になれば、 幸いです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

少年野球の指導法や、バッティングなどの教え方と、
練習法がわかるブログ…「伊能優介の、少年野球日誌」

この少年野球ブログ記事が少しでも参考になりましたら、

ぜひブログランキングへの、応援クリック2つお願いします。

あなたの応援が私の記事更新の、一番の原動力になります☆
 
にほんブログ村少年野球ランキング

人気ブログランキング少年野球

コメントを残す

サブコンテンツ

少年野球,BaseballPark



少年野球指導法,練習法,バッティングの教え方


少年野球の指導方法や練習方法は、たとえば高校野球などに比べたら
とてもやさしいように思われがちですが…じつは大変難しいものです。

なぜなら少年野球の子どもたちは、文字通り

「真っ白なキャンバス」 だからです。


中学野球以上の、野球経験のある野球少年ならまだしも
小学生である彼らは、野球については見事に何も知らないのです。

少年野球のバッティングの教え方,指導法ブログ

たとえば… バッティングの、バの字も知らない少年に、

どうすればバッティングについて、正しい指導ができるのか?

それが、指導者である我われのもっとも苦労する点です。


私が初めて、少年野球チームのコーチとして、
少年野球に たずさわった時 「たかが子どもの野球」と、

とんでもない思い違い…
つまり、タカをくくってしまいましたが
これが大変な間違いであることを、やがて知らされたのです。


それから、私の少年野球指導者の修行の道が始まりました。



少年野球指導法,バッティングの教え方,練習法ブログ

このページの先頭へ