【指導者必読】野球少年への正しい教え方とは?

ここ数回の記事でパワハラ指導について、
警鐘を鳴らしてきたつもりですが、
相変わらず以下のようなメールが届きます。

「ー中略ー

この3人の監督コーチ達のパワハラ指導は、
すごい怒鳴り声を上げることなんです。

暴力や体罰はないのですがとにかく、
子供にかける言葉がすごいんです。

思わず耳を覆いたくなるくらい汚い言葉で、
子供達をののしるんですよ。

野球のルールを教えながら実践練習中は、
子供ができないと、

『おめーはバカか!通信簿オール1なんじゃねえのか!』

別の出来ない子供には、
『アホちゃうか!おまえ脳みそあるのかよ!』

とヒドイ言葉を吐いています。

あまりにもヒドイので一度保護者数名で抗議したら、

『コーチたちはあえて厳しい言葉をかけて、
子供たちが発奮することを期待しているんですよ』

と言われました。
これって本当にそうなんでしょうか?

私にはブログに書いてあったようにあのコーチ達は、
ストレス発散のように思えて仕方ありません。

ー以下略ー               」

野球少年に発奮を期待するのはあり?なし?

侮辱的な言葉をあえて投げかけて、
子どもたちに発奮を期待する…

私に言わせればこの人たちの脳みそこそ、
昭和の悪しき時代のまま思考停止しているのでは?
と思わざるを得ません。

少年野球罵声指導はNG

確かに私の少年時代はスポ根全盛の頃で、
スパルタ的な指導と罵声怒声指導が当たり前でした。

そしてこの頃の子どもはナニクソ精神も、
多少なりとも宿していたので、

言われた言葉に発奮して確かに頑張った時期も
ありました。

でも根性論などほとんど通じない今の時代は、
良くも悪くも子どもたちに「ナニクソ精神」など、
期待すること自体ムズカシイですし、

パワハラ的な言葉は逆に子どもたちを傷つけるだけで、
野球が上手くなったりしないのです。

ましてや高校生あたりならともかく、
小学生相手にパワハラ言葉で発奮すること自体、
期待するだけムダであることや、

パワハラそのものが100%否定されると言うことに、
なぜこのコーチたちは気がつかないのでしょう?

「発奮する強い心」を否定する気はサラサラありません。
でも「発奮する動機」が汚い言葉で罵られることに対して、
ではないことは確かです。

少年野球は楽しく指導

野球少年は厳しさ以前に楽しく教えることが先決

口はばったいようですが、
少年野球指導歴20年の私がここで断言させていただきます。

今の時代少年野球は体罰を含め厳しい言葉で教えたり、
パワハラ的な指導をしても野球少年は決して上達はしません。

一緒に楽しく野球をしながら一つひとつ根気よく、
笑顔で教えた方がはるかに上達は早い。

一つ褒めて一つ注意する…そしてまた褒める。
このサンドウィッチ方式をうまく使いこなせば、
野球少年は自然にレベルアップするもの。

子どもは褒めて伸ばす…
これはもはやスポーツの世界に限らず、
どの分野でも通じる真実なんですね。

高校野球でも最近よく見かけますが、
笑顔でプレーする選手が多くなりました。

高校野球も楽しく指導

私の少年時代なら、
「練習や試合中に歯を見せるな!」
と怒鳴られたものです。

でも少なくても笑顔の多い少年野球チームは、
「押しなべて強い」というこの事実は、
何を物語っているのでしょう?

もちろん練習であれ試合であれ、
遊びではないですから、

それをしっかりと区別する線引きは必要です。
それは挨拶でありグラウンドマナーであり、

そして野球に真面目に取り組む姿勢です。

この点だけは我々指導者もキッチリと線を引いた、
そんな指導方針を持つべきことは、
言うまでもありませんが・・・

【野球少年への接し方やアドバイスに悩む指導者へ】

この書籍は私が心から尊敬する立花龍司氏の、
最新著書です。

少年野球の指導のために

もし少年野球の指導に悩まれたらぜひご一読ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

PS、最近いただくご感想メールは、
「野球7日間スラッガー養成プロジェクト」
の効果報告が大変多くなっています。

良かったら以下私の検証記事を、
参考にしてください。

野球7日間スラッガー養成プロジェクトの
効果とDVD内容レビュー

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日もお読みいただきありがとうございました。
ぜひ少年野球ブログランキングへの、
応援クリックを2つお願いします。

あなたの熱い声援が、明日の記事更新のパワーの、
源になります!

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ       少年野球の指導法教え方
にほんブログ村   少年野球人気ブログランキング

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◆少年野球ブログ人気記事

少年野球のバッティングで大事な基本練習とタイミングの取り方

バッティングで野球少年がより確実にミート力を上げるには?

ピッチャーを育てる「エースの方程式」詳細解説

◆少年野球塾さんの2大教材が 秋季キャンペーン中
詳しくは 少年野球塾からお知らせ  でどうぞ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◆伊能優介ベースボールセミナー

メルマガ購読申し込み方法はこちらの記事からどうぞ。
「伊能 優介ベースボールセミナー:
野球少年バッティング力アップ☆4つの秘策☆」

「伊能優介ベースボールセミナー☆
ピッチャー育成術☆野手にも必要な正しい投げ方5つのメソッド」

コメントを残す

サブコンテンツ

少年野球,BaseballPark



少年野球指導法,練習法,バッティングの教え方


少年野球の指導方法や練習方法は、たとえば高校野球などに比べたら
とてもやさしいように思われがちですが…じつは大変難しいものです。

なぜなら少年野球の子どもたちは、文字通り

「真っ白なキャンバス」 だからです。


中学野球以上の、野球経験のある野球少年ならまだしも
小学生である彼らは、野球については見事に何も知らないのです。

少年野球のバッティングの教え方,指導法ブログ

たとえば… バッティングの、バの字も知らない少年に、

どうすればバッティングについて、正しい指導ができるのか?

それが、指導者である我われのもっとも苦労する点です。


私が初めて、少年野球チームのコーチとして、
少年野球に たずさわった時 「たかが子どもの野球」と、

とんでもない思い違い…
つまり、タカをくくってしまいましたが
これが大変な間違いであることを、やがて知らされたのです。


それから、私の少年野球指導者の修行の道が始まりました。



少年野球指導法,バッティングの教え方,練習法ブログ

このページの先頭へ