子供向けサプリメントの必要性と効果~野球少年にサプリの必要性はあるか~

私たちの日常生活においても、
サプリメントは欠かせない時代になりましたね。

かく言う私もいくつかの健康サプリメントを、
愛用しています。

では小学生である野球少年たちにとって、
サプリメントの必要性はあるのでしょうか?

風邪を引く子供が増えた原因とは

じつはここ数年痛感しているのですが、
野球少年たちの練習や試合での欠席率の増加です。

その大半が「風邪」によるものです。

今の子供たちは年々風邪をひきやすい体質?
と感じているのですが、

その理由はやはり子供たちの食生活に、
大きな原因があると考えられます。

昔と違い食材が豊富に出回り、
好きなものを好きなだけ食べられる時代になって、

子供も体に良い栄養成分を常に、
吸収補給できているはずなのに、

それでいて風邪を引く子供が増えるという、
矛盾した事実に首を傾げたくなります。

もちろん食生活だけが原因ではないでしょうが、
やはり食生活で考えられる原因としては、

「偏食による栄養の偏り」「ジャンクフードなどの摂取過多」
などが考えられますね。

子供向けサプリメントの必要性

確かに成長期の彼らにとってカルシウムをはじめ、
成長期に不足しやすい栄養素があるのは確かなようです。

しかし我われ世代もそれ以前の子供たちも、
成長期の頃にはサプリなど存在しなかったのです。

朝昼晩の食事を通じて必要な栄養成分は、
十分に摂取出来てきたのです。

もちろん戦時中や貧困による食糧難は別ですが…

ですから野球少年にサプリを考えてあげることも、
悪いことではないですが、

「食事を通して必要な栄養素を十分に摂らせ、
栄養バランスを整えてあげること」

まずはこの点をユメユメ忘れてはいけない、
と言うことです。

サプリメントを飲ませる場合でも、
あくまでサプリは補助(サポート)の役割である、
ということも忘れないようにしたいですね。

子供用サプリ

子供向けサプリメントの効果

そういった点を踏まえた上でですが、
子供向けのサプリと言っても栄養成分に関しては、

大人向けのサプリと原則的に変わるものではありませんが、

とは言え大人用のサプリを子供にも、
そのまま飲ませていいのかとなると、
じつはこれ微妙なところなんですね。

ビタミンやミネラルなどの成分なら、
副作用が出ることはほぼありませんが、

サプリの種類によっては、
大人にとっていい成分であっても、

子供にとってはマイナス作用を及ぼす可能性が、
あるからです。

またビタミン類であっても過剰摂取すれば、
何かしらの悪影響が見られることもあります。

大人と違って子供は身体が未熟であるため、
栄養成分を過剰摂取すると有害な影響が出やすい、
と言われています。

ですから、子供に不足していると思われる、
栄養成分をサプリで摂取させるのであれば、

「子供用サプリ」にしておくことを、
強くお勧めします。

子供用サプリなら含まれている栄養素が、
過剰含有されている心配もなく、
添加物が入っていないものも多いです。

ビタミンCサプリの効果

風邪を予防するにはビタミンCが有効である、
と言われていますが、

たとえば風邪予防に良いとされる、
ビタミンC成分のサプリは問題なくお勧めできます。

小学生の場合学校で風邪やインフルエンザなどに、
感染することも少なくありませんから、

大人である両親も子供から風邪を移されることも、
多いのではないでしょうか?

ビタミンCと風邪との因果関係の実験結果、
ビタミンCの摂取によって風邪を早く治したり、

風邪自体を引きにくくする効果があったことも、
検証発表されています。

ビタミンCのサプリメントを毎日摂取すると、

・風邪の症状の持続期間を短縮させる効果がある。
・ビタミンCによって風邪のリスクが半分に低下する

この2つが立証されています。

普段からバランスのいい食事を摂って、
免疫力を高めることが一番大切ですが、

特に冬場はビタミンC成分を意識的に、
摂らせてあげましょう。

またビタミンCだけでなくありとあらゆる有効成分が、
サプリメントになって販売されていますので、

こういった有効成分を正しく日常的に、
子供に摂取されることで、
丈夫で健康な体作りをめざしたいものです。

ちなみにサプリの飲用目的としてですが、

・骨や歯を強くさせる…カルシウム成分の摂取
・頭脳の活性化を図る…DHA・ビタミンB類・カルシウム成分の摂取
・偏食・野菜嫌いの子供…食物繊維・ビタミン全般
・貧血が気になる子供…鉄分
・風邪をひきやすい子供…ビタミンC

以前の記事でうちのチームの母親が、
我が子である野球少年に摂取させている、

成長期の子供向け優良サプリメントの話を、
紹介しました。

成長期の野球少年に必要な栄養と食事とは?サプリもあり?

R君もそうでしたが、背丈が平均より小さいのでは?
と感じている親御さん数名がこのサプリを購入した、
と聞いています。

子供が偏食していたり、栄養が偏っていると、
感じているようでしたら試しても良いのではないでしょうか?

成長期のサプリ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日もお読みいただきありがとうございました。
ぜひ少年野球ブログランキングへの、
応援クリックを2つお願いします。

あなたの熱い声援が、明日の記事更新のパワーの、
源になります!

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ       少年野球の指導法教え方
にほんブログ村   少年野球人気ブログランキング

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【よく読まれている少年野球記事】

少年野球のバッティングで大事な基本練習とタイミングの取り方

野球少年が正しい投げ方を身につける練習やトレーニングとは?

正しく投球腕が使われている野球少年はわずか30%?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ベースボールセミナーメール配信ご希望の場合は、
以下の記事よりメールアドレスを登録してください。

「少年野球ベースボールセミナー☆
バッティング力アップ☆4つの秘策」

「少年野球ベースボールセミナー☆ピッチャー育成術☆
野手にも必要な正しい投げ方5つのメソッド」

 元プロ野球選手篠塚和典のバッティングDVD教材
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

少年野球,BaseballPark



少年野球指導法,練習法,バッティングの教え方


少年野球の指導方法や練習方法は、たとえば高校野球などに比べたら
とてもやさしいように思われがちですが…じつは大変難しいものです。

なぜなら少年野球の子どもたちは、文字通り

「真っ白なキャンバス」 だからです。


中学野球以上の、野球経験のある野球少年ならまだしも
小学生である彼らは、野球については見事に何も知らないのです。

少年野球のバッティングの教え方,指導法ブログ

たとえば… バッティングの、バの字も知らない少年に、

どうすればバッティングについて、正しい指導ができるのか?

それが、指導者である我われのもっとも苦労する点です。


私が初めて、少年野球チームのコーチとして、
少年野球に たずさわった時 「たかが子どもの野球」と、

とんでもない思い違い…
つまり、タカをくくってしまいましたが
これが大変な間違いであることを、やがて知らされたのです。


それから、私の少年野球指導者の修行の道が始まりました。



少年野球指導法,バッティングの教え方,練習法ブログ

このページの先頭へ