野球少年は上腕三頭筋を鍛えよう

バッティングに必要な上腕三頭筋

小学生の筋トレについては、何度となくテーマにして来ましたが、
簡潔にまとめれば、

「ゴールデンエイジ期(12才まで)の必要以上の筋トレは、
体に負荷かがかかり過ぎ、むしろ体に悪影響を及ぼしかねません。

かと言って、600gのバットを振れないほどの筋力不足では、
野球そのもののレベルアップも図れません。

ですから“その歳に応じた平均的な筋力”は維持すべきですが、
筋力トレーニング以上に鍛えたいのは、

やはりクイックレスポンス(瞬発力)であると思います。

またスタミナ面では6年生でしたら“5分間走で1km”程度は、
走れるだけの持久力は、身に付けたいものです」

 

ところで良く行う、腕立て伏せによる筋力アップについて、
過去の記事でも何度か書いていますが、

腕立て伏せによって鍛えられる筋肉は、主に上腕二頭筋、
次いで腕立て伏せの体勢維持による、腹筋・背筋そして、

上腕三頭筋と続きます。

この上腕三頭筋、じつは野球と言うスポーツにおいては、
バッティングでもピッチングでも、非常に重要な筋肉部位に、
なります。

   少年野球のバッティングでも上腕三頭筋は鍛えたい

たとえばバッティングにおいて、

プッシュ<押し込む)動作では右腕(右バッター)の、
上腕二頭筋が活躍しますが、

プル(引き込む)動作においては左腕の上腕三頭筋の、
筋力が必要になります。

     野球少年が鍛えたい上腕三頭筋

どちらの筋力が重要と言うのではなく、

「どちらも重要でありどちらも必要な筋力」
と言うことですね。

 

上腕三頭筋は意外に鍛えるのが難しい

ところが先ほどの腕立て伏せでもわかるように、
上腕三頭筋はなかなか鍛えにくい位置にあるため、

スポーツジムで専用マシンでも使わない限り、
上腕三頭筋を主に鍛えることが難しいと言う話です。

あるいは逆腕立て伏せと言う鍛え方もありますが、
これは小学生には危険があるのでお勧めできません。

     逆腕立て伏せは野球少年には不向き

以前ご紹介したのは、
バット引きによるトレーニング法や、首の後ろで両手の押し合い・・
プッシュトレーニングですが・・

     バットを使った野球少年の上腕三頭筋の鍛え方
        

     少年野球の指導法の上腕三頭筋の鍛え方

今日はまた違う簡単な上腕三頭筋トレーニング法を、
紹介したいと思います。

 

一人でできる上腕三頭筋の鍛え方

写真をご覧ください。

   野球少年の上腕三頭筋の鍛え方 少年野球の指導に上腕三頭筋の鍛え方も必要

鍛えたい腕の手の平を必ず正面に向け、
その手首を掴んでアイソメ式で全力で6~8秒間引き合います。

それぞれの腕の赤点丸(上腕三頭筋)と、
引く法の腕の青点丸(上腕二頭筋)が鍛えられます。

これを3セット、朝晩2回行うだけで1か月後の野球少年の、
上腕三頭筋は驚くほど強くなっていることを保証しますよ。

 

今日もお読みいただきありがとうございました。
ぜひ少年野球ブログランキングへの、
応援クリックを2つお願いします。

あなたの熱い声援が、明日の記事更新のパワーの、
源になります!

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ       少年野球の指導法教え方
にほんブログ村  少年野球人気ブログランキング

—————————————-

野球少年にとって本当に大事なバッティングモーションを解説した、
「9回限定:野球セミナーメール」

配信停止させていただく前に読んでいただいて、
正しいバッティングモーションを野球少年にご指導ください。

「伊能 優介ベースボールセミナー:
野球少年バッティング力アップ☆9つの秘策☆」

—————————————-

過去のお勧め少年野球記事、

パワーヒッティングするための“タメ”の作り方とは?

速いボールが打てない原因を探る

篠塚和典氏の野球教材について・・内角球が弱いならお勧めです

コメントを残す

サブコンテンツ

少年野球,BaseballPark



少年野球指導法,練習法,バッティングの教え方


少年野球の指導方法や練習方法は、たとえば高校野球などに比べたら
とてもやさしいように思われがちですが…じつは大変難しいものです。

なぜなら少年野球の子どもたちは、文字通り

「真っ白なキャンバス」 だからです。


中学野球以上の、野球経験のある野球少年ならまだしも
小学生である彼らは、野球については見事に何も知らないのです。

少年野球のバッティングの教え方,指導法ブログ

たとえば… バッティングの、バの字も知らない少年に、

どうすればバッティングについて、正しい指導ができるのか?

それが、指導者である我われのもっとも苦労する点です。


私が初めて、少年野球チームのコーチとして、
少年野球に たずさわった時 「たかが子どもの野球」と、

とんでもない思い違い…
つまり、タカをくくってしまいましたが
これが大変な間違いであることを、やがて知らされたのです。


それから、私の少年野球指導者の修行の道が始まりました。



少年野球指導法,バッティングの教え方,練習法ブログ

このページの先頭へ